託児所選びのチェックポイント

インターネットが普及し、情報を手軽に得られるようになり、見た目にこだわる保育施設も増えています。

「キャッチフレーズがステキ!」
「外観がとてもキレイ!」

など見た目で決めるというのは、お子様にとって決して良いこととは言えません。

百聞は一見にしかずです。お子さんに合う保育施設なのかどうか、託児所を選ぶときに役立つ9つのチェックポイントをご紹介します。

託児所選びのチェックポイント

①送迎のしやすさは?

送り迎えのしやすさはとても重要なポイントです。ご自宅や職場から近いか、駅から近いかなどは確認しておきましょう。

②対象の月年齢は?

託児所によって託児可能な月年齢はまちまちです。2ヶ月からOKというところもあれば、10ヶ月からOKというところもあります。また、3歳までという年齢制限がある場合も。お子さんの月年齢が対象になっているかどうか確認しておきましょう。

③職員数と子供の数のバランスは?

質の高い保育をしているかどうかは職員1人あたりで何人の子供をみているかは目安になります。一度は見て確認しておきましょう。また、最近では託児所の様子を携帯電話などから見れるサービスを導入している託児所があります。そういったところでは職員のサービス向上にも繋がっていますのでママの安心感も増すでしょう。

④子供たちはもちろん、保育する人も楽しそうにしているか?

これはとても重要なポイントです。預け先を決めるときは職員の方と子供たちのコミュニケーションの様子も確認しましょう。よい保育が行われていれば、子供たちの気持ちも安定し、活発になります。子供たち同士でも元気に楽しく遊びます。

また、保育する人たちはどうでしょうか。大人に余裕がなければ、子どもたちは、悲しく寂しくつらく感じます。保育する人は、子どもの目線で話し、子どもと笑顔で接していますか。大声でしかってばかりいませんか。保育する人がつらそうな顔をしていませんか。10分程度見ていれば相当見えてくるでしょう。

⑤給食はあるか?

忙しいママにとって、お弁当作りは大変です。毎回でなくても、たまには手を抜きたいものですよね。そういったときに給食があるのは助かります。給食は栄養バランスも安心です。対応してもらえるか確認しておきましょう。

⑥保育する人の中にはベテランの人はいるか?保育士の資格を持つ人がいるか?

多くの子ども、とくに赤ちゃんも預かっている園では、経験豊かな人もいることが望ましいのです。何をしても赤ちゃんが泣きやまないとき、赤ちゃんの具合が急に悪くなったときなど、ベテランの持ち味が発揮されます。

また、保育士の人は、資格を取るための学校を卒業するなどして専門的な知識を得ています。継続して多くの子供を預かる施設では子供の発達、情緒や体調面などに考慮した保育のプログラムづくりが必要ですが、これは経験や勘だけでは個人の意見に片寄ったものになりがちです。総合的に考えより良いプログラムに従った保育を行っていくために保育士の資格を持つ人がいるかどうかも聞いておきましょう。

⑦対応は誠実?

不満や疑問があったら、すぐ相談してみましょう、誠実に対応してくれるでしょうか。保育する人も、子どものことが大切ならば、話が合うはずです。子どものことが心配で相談しているのに、「そんなに言うなら、預けるのを止めてくれ」、「うちの園ではそういうやり方はしていない」、「そんなことを言うのはあなただけだ」などと、対話を拒むような施設は問題外ですね。

⑧遊び道具がそろっているかを見て、また、外遊びをしているか?

遊びは子供の発育にとても重要です。また、小さなころの子供たち同士の群れ遊びは人間的に健やかな感覚を養うなど様々なプラス効果をもたらします。保育室の中に遊び道具があるか、またどういうものがあるのか、子供が興味を持って楽しく遊べるような工夫はあるかなど確認しておきましょう。また、外遊びもとても大切です。外遊びの回数や場所などを見て聞いてみましょう。

また、外遊びの場所が遠い場合には、安全な方法で移動しているかも確認しておきましょう。

⑨万一の災害時などの避難経路は確保されているか?

災害の時のための訓練をしているか、避難経路はどうなっているか、見て聞いてみることも大切です。とくに、2階以上にある場合は、安全性には十分確認しましょう。

The following two tabs change content below.

admin

最新記事 by admin (全て見る)